SSブログ

デザインのD N A:疫病とデザイン(アート)・コロナV禍!!

デザインのD N A:疫病とデザイン(アート)・コロナV禍!!
緊急事態宣言が発っせられてから2週間・・数字的
には若干の減少を見るもまだ劇的な変化は見て
とれない。
ワクチンもまだ開発出来ていない、又治療薬も特定
できない、21世紀の今自分たちの住みやすい様に
環境を作り替えてきたが・・、たった一種類のウイ
ルスに世界中が翻弄されている、出口の見えない
コロナウイルス禍・・これは中世にヨーロッパで
起きたペストやコレラの流行と同じ状態ではないか?
むしろ、様々な国やシステムが複雑に絡み合っている
現代の方が状況をみえなくしている。
頼れる手段は神に委ねるなんて言葉も吐きたくなる。
さて、中世での流行病の時には様々な想像が蠢き
人々が翻弄されたと記録されている、宗教的に見れば
人々の横暴に対して悪魔が仕置をしていると、目に
見えない風が吹いて去った後に累々と屍が横たわる。
病の風をドラゴンに見立て去った後に屍が横たわって
いる絵も書かれている。
④ドラゴン.jpg
アーノルド・ベックリン作 19世紀」
竜にまたがった老婆の死神がペストを振りまいてる。
過ぎ去るとこ死体が転がり、ペストの恐怖を如実に
表している作品。
①屍1.jpg
②死神1.jpg
「作者不明 死の勝利」
ペストを象徴する骸骨が死を振りまき、周囲の
人たちは倒れて恐怖におののいている。
Pieter -Bruegel.jpg
ピーテル・ブリューゲル作「死の勝利」
16世紀、死が押し寄せる阿鼻叫喚・・・。
圧倒的、一方的な支配で、まさに死の勝利。

③神と死神.jpg
「ジュゼッペ・マリア・クレスピ作 18世紀」
ベルナルド・トロメイという聖人がペストに語り掛け、
死を終わらせてくれるよう、とりなしている場面。

文明はつねに疫病と抱き合わせであり、文明の伝播
経路は疫病の伝播経路とも重なり合うとも、中世の
日本でも飢饉と疫病が重なり人々が大勢亡くなった
事が「古事記」「日本書紀」等にも
記されている、村一つ無くなったとも・・。
当時を想像して見るに付け人々の不安はどんなだった
か?身近な人が次々に亡くなる・・次は自分かと?
治療の手段も薬もない時代に頼れる手段は、祈祷で
あったり、神仏に頼ったり。
疫病はヨーロッパでは悪魔・死神によって、日本でも
鬼、死神がが齎すとされており、絵画でもよく題材に
されている。
そしてそこに宗教的な要素が入り、神や守護神が救い
となり、日本でも仏・神が救うとされ、仏教では死を
恐れる人々の為に仏の来迎があると諭された地獄絵の
対照的な表現として表されてきた。
⑤来迎図奈良国立a.jpg
更にこれを具体的に表現したのが、兵庫県の浄土寺の
「阿弥陀三尊」巨大な阿弥陀様が左右に観音様を従えて
朱塗りのお堂に安置されている。
夕方になると、堂内西側の蔀戸から西日が射し、床に
反射して、仏像は赤く染まりあたかも阿弥陀様が金色に
染まり雲の中来迎する姿になる。
鎌倉初期の動乱に加え飢饉、疫病が蔓延していた時代、
絵ではなくリアライズされた極楽浄土の情景に救いの
姿を見たのかも知れません。
⑥浄土寺阿弥陀三尊3.jpg
⑦浄土寺阿弥陀三尊 来迎 A.jpg

そして現代・・「アマビエ」という名の妖怪がS N S
上に現れ席巻していると、江戸末期の肥後國(熊本県)
に現れたとされている、この絵・像は疫病などの行く
末を予見すると言われている・・事から発して、これを
持つ事で疫病から人々を守るという事に・・!!
⑧アマビエ.jpg

先の見えないコロナウイルス禍、千年前の日本やヨー
ロッパの国々と変わらない状況に見える、せめて治療薬
・・別の病気の治療薬でも転用できるものがあれば使って
欲しい。
ウイルスも一個の生命体、人間(動物)にとっては病と
いう形で厄介な存在ですが、種の存続にかけてはウイルス
も進化しつつ強くなっているとすれば、私たちはに時間は
無い・・ウイルスは人の弱い部分に知らないうちに入り
込み急激に繁殖する。
SARSの場合感染者が確認されたのは、2002年11月、
その後2003年4月にはSARSコロナウイルス(SARS-CoV)
の全ゲノムが解読された、その後もSARS-CoVの研究が
進められた、各国が協力し隔離や検疫が徹底された結果、
治療法が確立しないまま、2003年7月には終息宣言が出さ
れたと、SARS-CoVについても未だ治療法は見つからない
まま収束となっている現実がある。
京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥教授・所長
のホームページでも一年(年単位の)時間がかかると
指摘している。

科学(化学)の進化の著しい現代でも、見えないモノ
(空気中を浮遊する)への恐怖は昔と変わりなく・・
今一番怖いのは解らないまま医療従事者や感染者への
偏見や差別であると日本赤十字でも警鐘を鳴らして
いる。
早くウイルスの由来を突き止め治療薬の開発に漕ぎつける
など具体的な解決策を見出して欲しい。

新製品企画開発・工業デザイン業務・デザインコンサルタント
Interface home URL:http://www.interface-com.co.jp
Interface rogo.jpg
Twitter:http://twitter.com/hideaki0         
Facebook: https://www.facebook.com/hideaki.noguchi.10
Mail:h-noguchi@interface-com.co.jp
Copyright[コピーライト] by Interface corp.
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。